閉じる
  1. 京都紅葉スポット東福寺の撮影禁止場所
  2. 雛まつりいつ出す?いつしまう?料理やお菓子はどうするの?
  3. お盆の初帰省旦那の実家に手土産は何がいい?
  4. 世界の観光地のパノラマ写真を閲覧できるサイト
  5. 鼻水くしゃみ対策こんなことすればかなり軽減できます。
  6. クリーニングに出したジャンパーが本当にカチカチになったら
  7. ハンドスピナー って何?おすすめのメーカーは?
  8. 黙々と作業できる 人と関わらないアルバイト
  9. エキスポシティーお父さん幼児連れて時間つぶしおすすめ
  10. 味の素スタジアム周辺の穴場駐車場おすすめ
閉じる
閉じる
  1. 亀岡保津川市民花火大会特別観覧席 
  2. 雹はなぜ夏に降るのか?知ってます?
  3. 風呂場の黒カビやピンクのヌルヌル対処
  4. ノアAZR60プラスチック部分の白化の対処
  5. ローソン もちふわチーズ大福はリピすべきか?
  6. レストランのHP作るならこのやり方がいい
  7. 消防団規律訓練の評価を上げるためにすること
  8. 高齢の母 大腸ガン手術その時家族は
  9. 高齢母親が大腸ガンで入院 何がある?
  10. 業務用スポットクーラー導入で熱中症を防ぐ
閉じる

どうする?こんなとき

七十二候とは 読み方と意味

四季

七十二候という日本には素晴らしい季節を表す言葉があります。
5日ごとに季節は移り変わり それを言葉で表すという日本ならではの表現をこれからも伝えていきたいものです。

二十四節気という言葉もありますが さらにそこを3つに分けるという細やかさせ季節を表します。

立春(二十四節気)

東風解凍(はるかぜこおりをとく)
 こち(東風)という春の風が雪や氷を解かす頃
 2月4日頃
雪解け

黄鴬?睆(うぐいすなく)
 春告鳥(はるつげどり)であるウグイスが泣き始める頃
 2月9日頃
うぐいす

魚上氷(うおこおりをいずる)
 割れた氷から魚が飛び跳ねる頃 
 2月14日頃
魚上氷

啓蟄 (二十四節気)

蟄虫啓戸(すごもりのむしとをひらく)
 冬ごもりをしていた生きものが姿を表す頃
 3月5日頃
啓蟄

桃始笑(ももはじめてさく)
 桃の花が咲き始める頃。花が咲くことを「笑う」と現します。
 3月10日頃
桃の花

菜虫化蝶(なむしちょうとなる)
 青虫がモンシロチョウになる頃
 3月15日頃
モンシロチョウ

春分(二十四節気)

雀始巣(すずめはじめてすくう)
 雀が巣を作り始める頃
 3月20日頃
すずめ

桜始開(さくらはじめてひらく)
 桜の花が咲き始める頃
 3月25日頃
桜つぼみ

雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)
 春の訪れを告げる春雷が鳴り始める頃
 3月30日頃
春雷

清明(二十四節気)

玄鳥至(つばめきたる)
 燕が南の国から渡ってくる頃
 4月5日頃
つばめ

鴻雁北(こうがんかえる)
 雁が北へ帰っていく頃
 4月10日頃
雁

虹始見(にじはじめてあらわる)
 雨上がりに虹が見え始める頃
 4月15日頃
虹

穀雨(二十四節気)

葭始生(あしはじめてしょうず)
 水辺の葭が芽吹き始める頃
 4月20日頃
葭芽吹き

霜止出苗(しもやみてなえいずる)
 霜が降りなくなり、苗代で稲の苗が生長する頃
 4月25日頃
早苗

牡丹華(ぼたんはなさく)
 牡丹が大きな花を咲かせる頃
 4月30日頃
牡丹

立夏(二十四節気)

蛙始鳴(かわずはじめてなく)
 蛙が鳴き始める頃
 5月5日頃
カエル

蚯蚓出(みみずいずる)
 みみずが地上に出てくる頃
 5月10日頃
ミミズ

竹笋生(たけのこしょうず)
 たけのこが出てくる頃
 5月15日頃
たけのこ

小満(二十四節気)

蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)
 蚕が桑の葉を盛んに食べだす頃
 5月21日頃
蚕

紅花栄(べにばなさかう)
 紅花の花が咲きほこる頃
 5月26日頃
紅花

麦秋至(むぎのときいたる)
 麦の穂が実り始める頃
 5月31日頃
麦の穂

芒種(二十四節気)

蟷螂生(かまきりしょうず)
 かまきりが卵からかえる頃
 6月5日頃
かまきり

腐草為螢(くされたるくさほたるとなる)
 草の中から蛍が舞い、光を放ち始める頃
 6月10日頃
蛍

梅子黄(うめのみきばむ)
 梅の実が黄ばんで熟す頃
 6月15日頃
梅の実

夏至(二十四節気)
乃東枯(なつかれくさかるる)
 夏枯草の花が黒ずみ枯れたように見える頃
 6月21日頃
夏枯草

菖蒲華(あやめはなさく)
 あやめの花が咲き始める頃
 6月26日頃
アヤメ

半夏生(はんげしょうず)
 半夏が生え始める頃
 7月1日頃
半夏

小暑(二十四節気)

温風至(あつかぜいたる)
 熱い風が吹き始める頃
 7月7日頃
夏の風

蓮始開(はすはじめてひらく)
 蓮の花が咲き始める頃
 7月12日頃
蓮の花

鷹乃学習(たかすなわちがくしゅうす
 鷹の子が飛ぶ技を覚え、巣立ちを迎える頃
 7月17日頃
鷹の子

大暑(二十四節気)

桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)
 桐の花が実を結び始める頃
 7月23日頃
桐の花

土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)
 土がじっとりとして蒸し暑くなる頃
 7月28日頃
蒸し暑

大雨時行(たいうときどきふる)
 ときどき大雨が降る頃
 8月2日頃
大雨

立秋(二十四節気)

涼風至(すずかぜいたる)
 涼しい風が吹き始める頃
 8月7日頃
涼しい風

寒蝉鳴(ひぐらしなく)
 ひぐらしが鳴き始める頃
 8月12日頃
ひぐらし
 
蒙霧升降(ふかききりまとう)
 深い霧がまとわりつくように立ち込める頃
 8月17日頃
霧

処暑(二十四節気)

綿柎開(わたのはなしべひらく)
 綿を包むガクが開き始める頃
 8月23日頃
綿

天地始粛(てんちはじめてさむし
 天地の暑さがようやくおさまり始める頃
 8月28日頃
初秋

禾乃登(こくものすなわちみのる)
 稲が実り、穂を垂らす頃
 9月2日頃
稲

白露(二十四節気)

草露白(くさのつゆしろし)
 草に降りた露が白く光って見える頃
 9月7日頃
白露

鶺鴒鳴(せきれいなく)
 せきれいが鳴き始める頃
 9月12日頃
せきれい

玄鳥去(つばめさる)
 燕が子育てを終え、南へ帰っていく頃
 9月17日頃
燕

秋分(二十四節気)

雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)
 雷が鳴らなくなる頃
 9月23日頃
雷ならない

蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)
 虫たちが土にもぐり、入口の戸をふさぐ頃
 9月28日頃
虫冬眠

水始涸(みずはじめてかるる)
 田んぼの水を抜き、稲刈りの準備をする頃
 10月3日頃
稲刈り

寒露(二十四節気)

鴻雁来(こうがんきたる)
 雁が渡ってくる頃
 10月8日頃
雁戻る

菊花開(きくのはなひらく)
 菊の花が咲き始める頃
 10月13日頃
菊

蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)
 戸口で秋の虫が鳴く頃
 10月18日頃
秋の虫

霜降(二十四節気)

霜始降花(しもはじめてふる)
 山里に霜が降り始める頃
 10月23日頃
山里に霜

霎時施(こさめときどきふる)
 ときどき小雨が降る頃
 10月28日頃
小雨

楓蔦黄(もみじつたきばむ)
 楓(かえで)や蔦の葉が色づく頃
 11月2日頃
楓

立冬(二十四節気)
山茶始開(つばきはじめてひらく)
 山茶花(さざんか)の花が咲き始める頃
 11月7日頃
さざんか

地始凍(ちはじめてこおる)
 大地が凍り始める頃
 11月12日頃
凍り

金盞香(きんせんかさく)
 水仙が咲き芳香を放つ頃
 11月17日頃
水仙

小雪(二十四節気)

虹蔵不見(にじかくれてみえず)
 陽の光も弱まり、虹を見かけなくなる頃
 11月22日頃

朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)
 北風が木の葉を吹き払う頃
 11月27日頃
陽の光

橘始黄(たちばなはじめてきばむ)
 橘の実が黄色く色づき始める頃
 12月2日頃
橘の実

大雪(二十四節気)

閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)
 空が閉ざされ真冬となる
 12月7日頃
冬の空

熊蟄穴(くまあなにこもる)
 熊が穴に入って冬ごもりする頃
 12月12日頃
熊冬眠

?魚群(さけのうおむらがる)
 鮭が群がって川を上る頃
 12月17日頃
鮭遡上

冬至(二十四節気)

乃東生(なつかれくさしょうず)
 夏枯草が芽をだす頃
 12月22日頃
夏枯草 芽

麋角解(さわしかのつのおつる)
 鹿の角が落ちる頃
 12月27日頃
鹿の角

雪下出麦(ゆきわたりてむぎのびる)
 雪の下で麦が芽をだす頃
 1月1日頃
雪 麦

小寒(二十四節気)

芹乃栄(せりすなわちさかう)
 芹が盛んに育つ頃
 1月5日頃
芹

水泉動(しみずあたたかをふくむ)
 地中で凍っていた泉が動き始める頃
 1月10日頃
泉

雉始?(きじはじめてなく)
 雉が鳴き始める頃
 1月15日頃
雉 冬

大寒(二十四節気)

款冬華(ふきのはなさく)
 雪の下からふきのとうが顔をだす頃
 1月20日頃
ふきのとう

水沢腹堅(さわみずこおりつめる)
 沢に厚い氷が張りつめる頃
 1月25日頃
氷 沢

鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)
 鶏が鳥屋に入って卵を産み始める頃
 1月30日頃
鶏 卵

f=”http://dousuru.info/”>どうするこんなときTOP

関連記事

  1. 菜種梅雨

    菜種梅雨の時期と意味は?

  2. オオイヌノフグリ

    オオイヌノフグリ画像と名前の由来や花言葉

  3. 八十八夜 お茶

    夏も近づく八十八夜っていつのこと何でお茶が

  4. かまくら 横手

    かまくらの意味由来はこう

  5. 十五夜中秋の目御月

    十五夜とは? いつするの?2016年は?

おすすめ記事

  1. 雹はなぜ夏に降るのか?知ってます?
  2. 風呂場の黒カビやピンクのヌルヌル対処
  3. ノアAZR60プラスチック部分の白化の対処
  4. ローソン もちふわチーズ大福はリピすべきか?
  5. レストランのHP作るならこのやり方がいい

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. ひなまつり刺身
    ひな祭りに刺身をと考えていて でも、いったい3月ってなんの刺身があるんだっけ??というあなたに少…
  2. 防災セット
    友人の新築祝いに何か贈ろうと思っているあなた 特に何も欲しいっものが無いと言われても防災セットだ…
  3. タフケット
    桜の花見や運動会なんか 荷物が多いですよね・・・それを少しでも減らすのにこのタフケットはどうでしょう…
  4. 京都岡崎穴場駐車場
    京都の岡崎周辺は 動物園 平安神宮 美術館 岡崎公園 南禅寺 などがあり人気の地です。特…
  5. 京都 水族館 穴場駐車場
    京都水族館大人気ですね。内陸に水族館ってかなり珍しいです。海に普段ふれあいの無い京都の方にはかなり貴…
  6. 加齢臭対策
    最近奥さんに あんたも年取ったのね・・・・ちょっと臭いわよ・・・。なんて言われてませんん…
  7. 迷惑電話 断り方
    迷惑電話ってよくかかってきますよね電力が安くなるネットが安くなるというのが主だっ…
  8. 消防操法1番員タイム
    消防の操法訓練もう始めてますか?まだまだやり始めのところは タイムを縮めるどころではないと思…
  9. 神戸無料ワイファイ
      神戸に行ってWihiに繋ぎたかったらこんな方法があります。神戸は外国人も多…
  10. さいたま新都心駅穴場駐車場
    さいたま新都心駅周辺は車を置くところに困りますね・・・ さいたま新都心駅。その名の通りさいたま新…
ページ上部へ戻る