どうする?こんなとき

季節の行事の疑問?普段何気ない疑問?色々と分からないことがたくさんあります。そんな疑問を少しでも解決^^ 参考になれば幸いです。

パソコン

dell optiplex 760 HDDからSSDに交換した方法

投稿日:2020年4月13日 更新日:

スポンサーリンク

dell optiplex 760のHDDをSSDに交換した方法をここで
人のSSDを一目見てしまうと自分のHDDでの起動がとても遅く感じいやになりました。
古いPCですがSSD化することで早く起動しサクサクになりたいと思い
一念発起してSSD化に取り組みました。
初心者の私でもできましたので どうしようかと迷っていたらぜひトライしてみてはいかがでしょうか?

私のPCの仕様 dell optiplex 760

  • COREi3
  • メモリ4G
  • 32ビット
  • 元々WIN7をWIN10にアップグレード
  • HDD容量 1TB

購入するSSD容量は何を目安にするのか

SSDを買うにあたり一番重要なのは実際に今何ギガ使っているか?が重要です。

現在の使用容量よりも大きなSSDを選ぶ必要があります。
私の場合は1TBのHDDのうち600GB使っていましたので1TBのSSDとしました。

HDDの容量が1TBでも100GBしか使っていなければ120GBや240GBのSSDでもいいってことです。
もちろん1TBでも2TBでもいいことになります。
今後使うだろうと予想されるデーター量に合わせて考えましょう。
現在の使用量より下回るといけません。

※後半に書いていますがフォーマット形式により2TB以上のSSDが使えない場合がありますので注意してください。

SSD私の選択

信頼のサムスンのMZ-76Q1T0B/IT 860 QVOシリーズ

です。
ここで私失敗してます。ベーシックキットという言葉。
キットというなら交換に必要なもの揃ってると思ってしまいました・・・。

実際はSSD本体だけ・・・。
後で必要なものは買い足さなければなりませんでした。
私はほぼ素人なので販売店の説明見てもその辺り分かりませんでしたから・・・。
「本体のみ」というような説明とか「移植キットは入ってません」とか書いてあれば分かったのですが・・。

これらがそろってHDD→SSD交換が可能となります。
ということで後の物到着待ちで作業に入るのが遅くなってしまいました。

こういう時ってとても待ち遠しいですよね・・・・。 

HDDからSSD 最初にすること1 バックアップ

追加注文のものが到着するまでこれを先にしておきました。

万一のためにバックアップを取っておきます。
もしもの時にWINDOWSを初期状態に戻せます。

別記事にしています。

データーも他の媒体にコピーしておきます。
私はUSBメモリに重要データーをコピーしておきました。

HDDからSSD最初にすること2 SSDをフォーマット

購入したSSDをフォーマットしないといけません。
この時、現在のHDDのフォーマットと同じ形式でフォーマットしましょう。
スムーズに移行ができるかどうかはここかなり重要です。

私の場合を例に説明します。

HDDのフォーマットの種類を知る

2種類のフォーマットがあります。
簡単に違いを説明するとこうです。

  • MBR  往来のフォーマット形式  管理できる領域は最大2TBまで   
  • GTP  新しいフォーマット形式  2TBを超えるハードディスク用

※従来の方式のフォーマットで3TBにする場合は・・・他をググってくださいm(_ _)m

フォーマット調べ方

WINDOWSのスタートボタン(モニター左下の角のWindowsマーク)の所で「右クリック」してメニューを出し、「ディスクの管理」をクリックします。

HDDからSSD やり方

WINDOWSの入っているドライブを選び右クリックしプロパティーをクリックします。
HDDからSSD

ハードウェアをクリックし プロパティーをクリック
そしてボリュームをクリック
ここでMBRGTPが分かるのですが私のPCの場合こんなでした・・
なにも表示されない・・・。(汗)
本来「パーティションのスタイル」でMBRかGTPが表示されてるんですが・・・まったく何も無い・・・です。
HDDからSSD

フォーマット形式が見れない場合はこれ

安心してください^^こうなった場合次の方法で確認できます。
画面左下の「虫眼鏡マーク ここに入力して検索」

HDDをSSDに交換

コマンドプロンプト

と入力して コマンドプロンプトアプリをクリック
出てきた黒い画面でピコピコしてるカーソル横に「diskpart」と入れます。
「はい」「いいえ」のポップアップが出てきたら「はい」を選択
diskpart.exeが起動し

list disk」と入力します。

それを見て
*」がついているドライブがGPTでフォーマットされています。

HDDからSSD

私の場合GPTフォーマットではないと分かりました。
PCはかなり古いモデルですからそれも当然と言えば当然です・・。

フォーマット形式が判明したならばSSDのフォーマットに取り掛かります。

SSDにUSB変換コードを差しPCのUSBに差します。
HDDをSSDに交換 HDDをSSDに交換

スポンサーリンク

HDDをSSDに交換 HDDをSSDに交換

HDDをSSDに交換

再度
WINDOWSのスタートボタン左下の角のWindowsマークの所で「右クリック」してメニューを出し、「ディスクの管理」をクリックします。
この画面になります。 
HDDをSSDに交換

初回はウィザードが立ち上がるのですがこのウィザードは未確認のSSDに対してフォーマットしますかと聞いています。
このとき判明したフォーマットの形式でフォーマットします。
私の場合は  「MBR」を選びました。
HDDをSSDに交換

HDDをSSDに交換

ここは触りません
HDDをSSDに交換

これも触りません
HDDをSSDに交換

完了するとこうなります
HDDをSSDに交換

フォーマットが始まります
HDDをSSDに交換

SSDのフォーマットが完了しました
黒かったところが青くなりましたね

これでHDDのクローン作り作業に入れます。

HDDからSSD  クローン作製

クローンを作るにはソフトが必用ですが私はフリーのソフトを使いました。

Samsung無料クローンソフト―EaseUS Todo Backup Free    

これは有料版もありますが 同じPCでHDDからSSDにという場合は無料版の範囲内でできます。

違うPCに移植するのであれば有料版が必用となります。

今回は無料版を使います。
HDDをSSD交換

ダウンロードするとこうなり
HDDをSSDに交換

インストールが完了します。 「今すぐ始める」をクリック
HDDをSSDに交換

バックアップ開始
HDDをSSDに交換

元になるデーター送り側HDDを選択します。  下はデーターを受ける側のSSDとなっています。
HDDをSSDに交換

ターゲットディスクを選択します。  コピー先となる方のSSDですね
HDDをSSDに交換

データー量の比較です。これは当然同じになりますね
HDDをSSDに交換

「はい」をクリックして開始します。
HDDをSSDに交換

開始しました
HDDをSSDに交換

私の場合データーは600GBあったのですが中々終わらず残り時間あと10分と表示が出たんですが そこから時間は段々増えていき・・・30分以上に・・。
待てなかったのでほったらかしで自宅へ帰りました・・。
朝には完了してましたが実際どれだけ時間がかかったのかは分かりません。

終わったらこうなってます。
HDDをSSDに交換

これでHDDの内容をSSDに移すことが出来ました。
後はPCの中のHDDとSSD

HDDからSSD  PCのHDDをSSDに交換

要はHDDをSSDに付け替えることですかから
データケーブルと電源ケーブルを差し替えるだけということです。
それに伴ってSSD本体はHDDより小さいのでブラケットに載せて固定するだけです。

これはPCによって様々ですが私のdell optiplex 760はこうでした。

取り付けキットはこれです。
HDDをSSDに交換

HDDをはずしデータ用コネクタと電源用コネクタをはずします。
このときケースの下にファンが付いていてその電源のコネクタも外すと作業がやりやすいです。

HDDをSSDに交換

HDDをSSDに交換

データ用のコネクタはそのままSSDに差せるので使います。
電源用コネクタはキット付属の物に換えました。

今回ブラケットにSSD取り付けた時に一つのネジがファンに当たってしまうというトラブルが発生し4か所で止めるところを3か所で止めました。
HDDをSSDに交換

これで交換は完了です。取り外したHDD長い間お疲れ様でした。
HDDをSSDに交換

電源を入れるとあっという間に起動します。30秒くらいです。
アプリの起動も速いしブラウザもサクサクしています。
HDDのようにアクセス時にジッー、ジッーこなんて言いませんまったく静かです。
SSDにしてよかったと感動した瞬間です。

私のようなほぼほぼ素人でも簡単にできるHDDのSSD化挑戦してみてください。
PCに対する愛着もそうですが構造が分かってより身近に感じますよ^^

内部の掃除もついでにできます。

HDDをSSDに交換 デメリット

SSDはUSBメモリのようなもので 壊れた場合HDDのようにデーターを取り出すことはできません。
SSDだけに任せておくのではなく 万一の場合のために何かの媒体に重要なデーターは常にコピーしておく方が無難ですね。

万一の場合データーさえ残っていれば違うPCでも復活させることができますし
PCそのままでも「インストールメディア」とデーターがあれば新たなSSDに付け替え復活も可能です。

過信はしない方がいいと思います。
インストールメディアを使用することのないように願っています。

どうするこんなときTOP

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-パソコン
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

影ができる

モニターの字に影ができるときの対処

スポンサーリンク PCモニターの字に影ができてしまって直らない。 そんなことでお困りですか・ 私も同じことで困ってました。 でもあることで解消され今では何のストレスもなくPCが見れます。 PCモニター …

win10 パスワード無しで起動

win10 パスワード無しで起動させるにはこうしたらいい

スポンサーリンク WIN10でインストール時にパスワードを設定したら 起動するたびにパスワードを求められます。 会社ならいざ知らず、個人で使う分には全く持ってめんどくさいですよね。 このパスワード入れ …

モニターピンク

デスクトップPCのモニターがピンクになったり戻ったりしたときの対処

スポンサーリンク デスクトップPCのモニターがピンクになったり戻ったり・・・ とっても見にくい・・・。 これはもうモニターがダメになったのか??? 私もそう思っていたんですが 実は違いました。 まだ新 …

キャノンLBP6230

レーザープリンターキャノンLBP6230を買った感想とセットアップ

スポンサーリンク 以前から使っていたレーザープリンターキャノンLBP1120がついに不具合が出て買い換えることにしました。 紙を抑えるバネが折れてしまって 紙が詰まるようになりもうこれ以上は無理だとな …

インストール メディア

簡単にできる!Win10インストール メディアの作り方

スポンサーリンク Win10でインストール メディア(ディスク)を作る時のやり方です。 私はこれを HDDからSSDに交換する時、もしもの時用にこのインストール メディアを作りました。 これはもしもの …

サイト内検索

この24時間の人気記事