どうする?こんなとき

季節の行事の疑問?普段何気ない疑問?色々と分からないことがたくさんあります。そんな疑問を少しでも解決^^ 参考になれば幸いです。※本ページはアフィリエイト広告が含まれています。

風物詩

「送り火」vs「迎え火」:意外な違いと魅力的な俳句で学ぶ日本の季節感

投稿日:

「送り火」と「迎え火」の違いを解説:季語としての意味と俳句例

送り火

「送り火」は、日本の伝統的な季語であり、多くの俳句や連歌に登場する美しい表現です。今回は、「送り火」の基本的な意味や、それがどの季節に使われるか、さらに「迎え火」との違いを詳しく説明し、関連する俳句の例も紹介します。また、「迎え火」と「送り火」が行われる時期や、迎え火を忘れた場合の対応方法、地域による習慣の違いについても触れます。

「送り火」とは、お盆の期間に故人の霊を送り出すために、7月または8月の16日に特定の場所で焚かれる火のことを指します。この行事の際には、「おくりび」と読まれるこの火が用いられます。伝統的には豆殻や芋殻を燃料として用いましたが、現代では安全や利便性を考慮して、電球を使用した「盆提灯」で代替することが多いです。

季語としての「送り火」は「初秋」に分類されており、秋の始まりに詠まれる俳句に適しています。「魂送り」という関連季語もあります。

「送り火」と「迎え火」の主な違いはその目的にあります。送り火は先祖の霊をこの世からあの世へ送り出すために行われるのに対して、迎え火は先祖の霊を迎え入れるための目印として用いられます。伝統的には、お盆の初日に迎え火を焚き、最終日に送り火を行います。この際、墓参りで盆提灯に火を移して持ち帰り、その火を使って迎え火を焚くのが一般的な手順です。

送り火

「送り火」を題材にした俳句集

白拍子が烏帽子を着用し、送り火を焚く様子
(えぼしをみにきて おくりびをたく しらびょうし)
正岡子規

送り火の近くで離れている猫の姿
(おくりびのちかくで はなれている ねこ)
加藤秋邨

送り火が尽きゆく際の名残惜しさ
(おくりびがつきゆくさいの なごりおし)
林翔

送り火を踏みながら進む家族
(おくりびをふみながら すすむ かぞく)
飯田蛇笏

まとめ

俳句だけでなく、ビジネス文書や手紙などの時候の挨拶にも用いられる季語は、日本の四季の美しさを象徴する言葉です。これらの言葉を眺めるだけでも心が和みますし、実際の景色と比較してみるのも一つの楽しみ方です。季節の移り変わりを季語を通して感じてみるのはいかがでしょうか。

どうするこんなときTOP

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-風物詩
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

十五夜中秋の目御月

十五夜とは? いつするの?2016年は?

十五夜お月様見てはねる・・・・なんて歌がありますが 子供が小さいと十五夜も経験させてあげたい。やっぱり日本の風物詩 子供にも体験してもらって こういったことは引き続いてつなげていってほしいことですね。 …

八十八夜 お茶

夏も近づく八十八夜っていつのこと何でお茶が

八十八夜って昔から聞くけどいったい何のこと?なんでお茶が出てくるの?? という疑問が無いですか? そんな八十八夜について少しばかり  八十八夜の意味   八十八夜とは立春から数えて …

秋 紫 小粒

秋に見る小さな紫の実がたくさん付く草 の名は何?

秋に入ると紫色のきれいな小粒の実がたくさんついてきれいな植物が気になります。 紫色がきれいでかわいい小さな実がとても気になります。 いったいこの草?は何者?? と思ってググろうと思っても名前が分らない …

土用干し

2024年の「土用干し」いつ始まる?伝統の背景と四季毎の活用法

2024年の「土用干し」の時期は?伝統的な意味と季節ごとの実践方法 「土用干し」という言葉は昔から使われていましたが、最近ではあまり耳にすることが少なくなっています。この記事では、「土用干し」の意味と …

梅雨

「梅雨」の名前の由来と読み方、その他の呼び名について

日本には、様々な天候がありますが、その中でも特に「梅雨」という時期があります。 なぜこの時期を表すのに「梅」という字が使われるのでしょうか?また、なぜ「梅雨」を「つゆ」と読むのでしょうか? この記事で …

サイト内検索

人気記事

カテゴリー