どうする?こんなとき

季節の行事の疑問?普段何気ない疑問?色々と分からないことがたくさんあります。そんな疑問を少しでも解決^^ 参考になれば幸いです。

風物詩

夏も近づく八十八夜っていつのこと何でお茶が

投稿日:2017年5月2日 更新日:

スポンサーリンク

八十八夜って昔から聞くけどいったい何のこと?なんでお茶が出てくるの??
という疑問が無いですか?
そんな八十八夜について少しばかり

 八十八夜の意味  

八十八夜とは立春から数えて88日後のこととなります。
ということで大体5月2日辺りがその八十八夜となります。

これは二十四節気には入らない季節の節目で「雑節」と呼ばれます。
夏によく効く「土用」と同じです。

この八十八夜が春から夏に変わる季節の節目となっています。
気候にしてもこのころになるとニュースでよく見るのは

茶摘み 田植え

ですね。農業用の季節の用語でもあります。

 八十八夜とお茶の関係は 

「夏も近づく八十八夜♪・・・」という歌もあるほどこの八十八夜とお茶は関連が深いのです。
このころ4月下旬から5月上旬のお茶が出初めで若芽を摘んで一番の新茶となります。
この初摘みのお茶が縁起が良く不老長寿のお茶と言われて重宝されるのです。

この新芽は前の年の秋からこの春まで栄養を蓄えた新芽なので それはそれなりにやはりお茶の成分はたくさん含まれてるのでしょう。

この一番茶はこういった意味でも重宝されニュースにもなるのですね。

スポンサーリンク

この後の2番茶 3番茶になるほどうま味が出にくくなりますので新茶の価値が高いのがよくわかります。

 八十八夜 まとめ 

夏を迎える一番いい季節は農作物の収穫又は準備と忙しい季節です。
その節目となるのが八十八夜で これを機に農家の皆さんの仕事も忙しくなります。

そんな中お茶は出初めということでうま味たっぷりの新茶が重宝され
八十八夜とお茶との関係が歌にもなり皆さんの知るところにもなりました。

この季節新茶を味わいながら春爛漫を満喫したいものですね。

どうするこんなときTOP

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-風物詩
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

秋 紫 小粒

秋に見る小さな紫の実がたくさん付く草 の名は何?

スポンサーリンク 秋に入ると紫色のきれいな小粒の実がたくさんついてきれいな植物が気になります。 紫色がきれいでかわいい小さな実がとても気になります。 いったいこの草?は何者?? と思ってググろうと思っ …

十五夜中秋の目御月

十五夜とは? いつするの?2016年は?

スポンサーリンク 十五夜お月様見てはねる・・・・なんて歌がありますが 子供が小さいと十五夜も経験させてあげたい。やっぱり日本の風物詩 子供にも体験してもらって こういったことは引き続いてつなげていって …

フクジュソウ画像

フクジュソウ画像と名前の由来や花言葉

スポンサーリンク フクジュソウって知っていますか? 春になる前雪の中から咲く黄色いかわいい花です。 フクジュソウがその年で一番早く咲く花ではないでしょうか。 この花が咲くといよいよ冬も終わりかなと思え …

四季

七十二候とは 読み方と意味

スポンサーリンク 七十二候という日本には素晴らしい季節を表す言葉があります。 5日ごとに季節は移り変わり それを言葉で表すという日本ならではの表現をこれからも伝えていきたいものです。 二十四節気という …

かまくら 横手

かまくらの意味由来はこう

スポンサーリンク かまくらは雪があまり積もらない地域では ちょっとたくさん降ると作りたくなりますね。 雪だるまよりもかまくらのほうが人気あります。 やはり雪で作ったかまくらの中に入るという行為がとって …

サイト内検索

この24時間の人気記事