どうする?こんなとき

季節の行事の疑問?普段何気ない疑問?色々と分からないことがたくさんあります。そんな疑問を少しでも解決^^ 参考になれば幸いです。※本ページはアフィリエイト広告が含まれています。

雑学

土用っていつのこと?知らないと損する季語の秘密と驚きの活用法!

投稿日:

「土用」はどの季節の季語?その意味や活用例、俳句での使い方を詳しく解説

土用

「土用」という言葉を聞いたことがありますか?この言葉は、俳句や連歌において非常に重要な季語とされています。今回は、多彩な表現で使用される「土用」の意味や使われる時期、その重要性について掘り下げてご紹介します。

「土用」の意味とその定義
「土用」とは、各季節の直前の18日間を指す言葉で、特に夏の「土用の丑の日」で鰻を食べる習慣が広く知られています。具体的には、立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれの前の18日間が「土用」期間にあたります。「丑の日」は、ある特定の日が十二支の「丑」に該当する日を意味します。

「土用」の季節的な位置づけ
俳句の世界では、「土用」は「晩夏」の季語として位置づけられています。これは、夏の終わりの時期を象徴する言葉であり、この期間に俳句を詠む際に使われることが多いです。また、この季語には「土用前」「土用入」「土用太郎」などの子季語も存在します。これらはすべて夏の終わりに焦点を当てた季語として使われます。

「土用」の使い方
「土用」は季節ごとに存在し、俳句ではそれぞれの季節の「土用」を象徴する言葉として活用されます。「春の土用の頃」というような表現で使用されることがありますし、「丑の日」と組み合わせて「夏の丑の日」「春の丑の日」などと使われることもあります。このように、俳句では季語として非常に頻繁に使用される言葉です。

土用

季節の言葉「土用」を詠む俳句集

市街の喧騒と共に、夜の両国を明るく照らす土用(小林一茶)
(ひとごえとともに よるのりょうごくを あかるくてらす どよう)

ふるさとの畳をそっと掃き清める、土用の爽やかさ(日野草城)
(ふるさとのたたみを そっとはききよめる どようのさわやかさ)

朝の雨がしっとりと地を濡らす、土用の清朝(正岡子規)
(あさのあめが しっとりとちをぬらす どようのせいちょう)

開花した貧しい薔薇が季節の移ろいを告げる土用(鈴木真砂女)
(かいかしたまずしいばらが きせつのうつろいをつげる どよう)

まとめ

季語は、俳句に限らず、手紙やビジネス文書での季節の挨拶にもしばしば用いられます。日本の四季を象徴するこれらの言葉は、美しい情景を繊細に表現し、眺めるだけで心が豊かになります。季語を活用して、実際の風景と照らし合わせて季節の感覚を深めるのも一つの楽しみ方です。日本独自の「季語」で季節の変化をより深く感じてみましょう。

どうするこんなときTOP

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-雑学
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

わかめ

春から初夏の海岸で見つける!食用わかめの見分け方とおすすめ保存法

春から初夏に海岸で見つかる食用わかめ:見分け方と保存のコツ! 春の温かさと初夏の訪れを感じさせるこの季節、家族で楽しむアクティビティの一つに潮干狩りがあります。引いた潮の残す砂浜で、熊手を使いながらア …

結婚記念日の節目

銀からダイヤまで:結婚記念日の節目と歴史的背景が明らかに!

銀婚式、金婚式、ダイヤモンド婚式:結婚の大切な節目とその歴史 結婚の節目とは、夫婦として共に歩み始めた記念日を祝うことです。この日は、結婚してからの年数に応じて特別な名称で呼ばれ、お祝いされます。 「 …

五つ葉クローバー

五つ葉クローバーの真実と魅力!幸運か不幸か、その真相を知ろう!

五つ葉のクローバーの魅力と真実!本当に不吉の象徴なのか? 五つ葉のクローバーは、その珍しさと独自の魅力で、多くの人々を魅了してきました。 この小さな植物にはどんな意味が隠されているのか、「不吉をもたら …

真っ黒な丸いハチ

ビニールホースに集まる真っ黒な丸いハチって何?危険?

5月の連休辺りで真っ黒で丸い太ったハチが緑のホースに集まる、ホースかじってる?? しかもその羽音が重低音効かしてかなり怖い・・・。 危険なハチなのか? 真っ黒な丸いハチの正体は! 名前は タイワンタケ …

熊冬眠

熊の冬眠の謎を解き明かす!生き残りのための秘密の戦略

熊の冬眠に隠された生存戦略 冬の寒さが厳しくなると、家にこもってしまいたくなりますよね。もし春までずっと眠っていられたらどんなにいいかと思うこともあるでしょう。でも、残念ながら人間にはそんなことはでき …

サイト内検索

人気記事

カテゴリー