どうする?こんなとき

季節の行事の疑問?普段何気ない疑問?色々と分からないことがたくさんあります。そんな疑問を少しでも解決^^ 参考になれば幸いです。※本ページはアフィリエイト広告が含まれています。

風物詩

菜種梅雨って何?読み方から季節の意味、俳句での魅力まで徹底解説!

投稿日:

「菜種梅雨」とその読み方、季節感、そして俳句での使われ方
菜種梅雨

「菜種梅雨」という季語に馴染みはありますか?

この言葉は、俳句や短歌において非常に重要な季語であり、豊かな表現に利用されています。今回は「菜種梅雨」にスポットを当てて詳しく解説していきます。

まずは「菜種梅雨」の意味や発音、どの季節に使われるのかについて、そしてこの季語が含まれる俳句をいくつかご紹介します。

「菜種梅雨」の意味と発音
「菜種梅雨」は、春の末期に降る長雨を表します。この言葉の発音は「なたねつゆ」と読みます。菜の花が咲くこの時期に名付けられたことからその名があります。

この雨は、激しく降るわけではなく、むしろ草花に潤いを与えるやさしい雨とされています。そうした穏やかな雨は、菜の花だけでなく他の花々の開花を促す助けとなるため、別名「催花雨(さいかう)」とも呼ばれています。

菜種梅雨

スポンサーリンク

「菜種梅雨」とは?その時期と特徴について

「菜種梅雨」は春の季語であり、主に春の終わり、つまり晩春を象徴しています。この季語を通じて、雨が持つ美しいイメージや幻想的な雰囲気が描かれます。昔から雨が恵みとして捉えられていることがこの季語からも感じ取れます。

「菜種梅雨」と他の梅雨関連季語の違い
梅雨に関連する季語はいくつかあり、それぞれが特定の時期に降る雨を指します。

「菜種梅雨」は3月末から4月初めにかけての雨を表します。
一般的な「梅雨」は5月の終わりから7月中旬にかけて見られます。
「さざんか梅雨」は、さざんかの花が咲く11月の終わりから12月の始めに降る雨です。
これらの季語は日本の四季の細やかな変化を捉え、表現するために用いられます。

「菜種梅雨」を用いた俳句の例
飴山実「くしゃみして 厠に子いる 菜種梅雨」
鈴木真砂女「暮らしの灯 いきいき点す 菜種梅雨」
原田喬「おうおうと 爺が鳥呼ぶ 菜種梅雨」
中拓夫「亡き父が 見ゆざわざわと 菜種梅雨」
まとめ
季語は、俳句のみならず手紙やビジネス文書の時候の挨拶にも使われ、季節の移り変わりを美しく表現します。日本特有の四季の風景を季語で感じることは、日本の文化を深く味わう醍醐味です。

どうするこんなときTOP

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-風物詩
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

オオイヌノフグリ

えっー!そうやったん!!オオイヌノフグリ名前の由来と画像や花言葉

オオイヌノフグリって知っていますか? 春になると咲く青い小さなかわいい花です。 たくさん集まって咲くので とてもかわいくその花の青さも春らしく この花が咲くと春が来たって思えます。 春のそよ風に小さく …

土用干し

2024年の「土用干し」いつ始まる?伝統の背景と四季毎の活用法

2024年の「土用干し」の時期は?伝統的な意味と季節ごとの実践方法 「土用干し」という言葉は昔から使われていましたが、最近ではあまり耳にすることが少なくなっています。この記事では、「土用干し」の意味と …

四季

七十二候とは 読み方と意味

七十二候という日本には素晴らしい季節を表す言葉があります。 5日ごとに季節は移り変わり それを言葉で表すという日本ならではの表現をこれからも伝えていきたいものです。 二十四節気という言葉もありますが  …

送り火

「送り火」vs「迎え火」:意外な違いと魅力的な俳句で学ぶ日本の季節感

「送り火」と「迎え火」の違いを解説:季語としての意味と俳句例 「送り火」は、日本の伝統的な季語であり、多くの俳句や連歌に登場する美しい表現です。今回は、「送り火」の基本的な意味や、それがどの季節に使わ …

梅雨

「梅雨」の名前の由来と読み方、その他の呼び名について

日本には、様々な天候がありますが、その中でも特に「梅雨」という時期があります。 なぜこの時期を表すのに「梅」という字が使われるのでしょうか?また、なぜ「梅雨」を「つゆ」と読むのでしょうか? この記事で …

サイト内検索

人気記事

カテゴリー