どうする?こんなとき

季節の行事の疑問?普段何気ない疑問?色々と分からないことがたくさんあります。そんな疑問を少しでも解決^^ 参考になれば幸いです。※本ページはアフィリエイト広告が含まれています。

生活

コンセントとプラグの違い 自分で交換できる??

投稿日:2023年12月6日 更新日:

電源接続の基本要素:コンセントとプラグの特性とその違い

我々の身近にある電子製品や家庭用電化製品には不可欠なコンセントとプラグ。
それぞれの使用目的や特性の詳細は、一見すると分かりづらいかもしれません。この記事では、これらの要素について詳しく説明し、修理や交換の方法についても解説します。

コンセントとプラグの基本的な違い

まずは、日常生活で馴染み深いコンセントとプラグがどの部分を指すのかを確認します。
コンセントは電源を取得するための壁面の接点を、プラグは電源ケーブルの端部を意味します。
イメージとしては、「穴(メス/女性)=コンセント」、「突起部(オス/男性)=プラグ」のように覚えるとわかりやすいでしょう。

コンセントとプラグの種類の解説

一言に「コンセント」と言っても形状は多種多様で、ほとんどが壁に埋め込まれ、左右に縦長の穴を持つものを指すのが一般的です。
プラグも同様に多様な形状で、2本の突起部を持つものをA型と呼びます。
しかし、国や地域によりこれらの形状は様々で、例えば円形の二つの突起を持つB型、C型、SE型、三つの突起を持つB3型やその四角いものBF型、ハの字に縦長の突起をもつO型などがあります。
それぞれの型のプラグは、使用されている地域が異なります。例えば日本では主にA型が使用され、韓国ではC型とSE型、中国ではいくつかの型が混在して使用されています。
ここで注意すべきは、形状以外にも国や地域ごとに電圧が異なるため、形状が一緒でも異なる電圧の地域で持ち込み使用すると、装置が故障したり、火災を起こす可能性があるので注意が必要です。

コンセントとプラグの詳細知識

コンセントとプラグの特性をもう少し詳細に見てみましょう。
コンセントの左右の穴はそれぞれ「電流を供給する」と「電流を返却する」役割を果たすため、9mmと7mmとサイズが異なります。
また、プラグの先端には小さな穴があり、これはコンセントに差し込んだときにしっかりと固定される役割を果たします。
コンセント本体内部には小さな突起があり、これがプラグ先端の穴に引っかかることで落下を防ぎます。

壁のコンセントの自己修理、交換、増設について

自宅に設置されたコンセントの修理や交換、増設を考える機会は多いかもしれません。
しかし、これらの作業が自分で出来るものなのか、否かは専門的な知識が必要です。
簡単な接続作業や、火災感知器やインターホンなどの小型変圧器内部の配線作業、あるいは電気機器の端子に配線をネジ止めする作業などは一定の条件を満たせば自分で行うことが可能です。
しかしながら、より専門的な修理や交換、増設などは専門家の助けが必要です。
プラグの交換やコンセントカバーの交換など、直接電流が触れることのない部分の作業なら自分でも可能ですが、配線に関する作業については「電気工事士」の資格を有する専門家に依頼すべきです。
電線の配線接続作業については、専門の資格を持つ人にによってのみ行われるべきです。
自分で作業を試みることは魅力的に思えますが、電気に関する作業には危険が伴います。
これには、感電や火災のリスクが含まれます。それらのリスクを理解し、必要な作業は専門家に任せることが重要です。

家庭用コンセントの交換に関するアドバイス

家庭内のコンセントを交換する必要性について疑問を持たれている方もいらっしゃるかと思います。
この記事では、コンセントの交換時期の判断基準について説明します。

スポンサーリンク

コンセントとプラグの違い

破損や亀裂の存在

コンセント本体が破れていたり、亀裂が入っていれば、速やかに交換を検討することが必要です。
すぐに問題が起きなくても、ホコリや水分が侵入することにより、漏電が起きる可能性があります。

過度の発熱

コンセントが手触りで感じるような高温であれば、それは交換を検討すべき合図かもしれません。
微熱程度であれば即座に問題が生じるわけではありませんが、触れることが難しいほどの高温であれば、火災につながる可能性もあります。

カバーの変色や変形

過度の熱や汚れ等により、コンセントカバーに変色や変形が見られることがあります。
これはコンセントが古くなっている証拠であり、交換を考えるべき時期かもしれません。
また、プラグがちゃんと固定されず、すぐに外れてしまったり、うまく反応しないなどの症状がある場合も、内部の金属部分が歪んでいる可能性があるため、交換の必要があります。

コンセントカバーだけなら自己交換可能

電気工事士の資格がないと、コンセント全体の交換はできませんが、カバー単体の交換なら自分で手がけることが可能です。

コンセントカバーとは

コンセントカバーとは、壁から出てくるコンセント部分を覆うパーツのことを指します。
市販されているものには、コンセントの個数によって異なる種類があります。

コンセントカバーの交換方法

新しいコンセントカバーとプラスドライバーが必要です。既存のカバーの隙間にマイナスドライバーを差し込み、取り外します。
その後、本体のネジを外し、新しいカバーを取り付けます。最後に再度カバーを取り付ければ、作業完了です。

コンセントカバーを交換する際の注意点

作業中の安全を確保するため、手や工具が湿っていないことを確認し、ブレーカーを落としてから作業を始めることが推奨されます。
配線に触れないよう注意し、コンセントの数と種類に対応した適切なカバーを選ぶことが大切です。

コンセントとプラグの見分け方、種類、交換方法、そしてその評価について詳解

コンセントは主に壁に設置され、電源接続部を指します。
それに対して、プラグはこの接続部に挿入する側を表します。
これらの言葉は時折混同されがちですが、それぞれ明確に別物として理解しておくと便利です。
また、プラグが挿入できる接続部の形状は各種類があり、日本で主流となっているものが他国では普通には使われていないことがあります。
異なる電圧設定の地域に旅行されるときなどは、変圧器を持参すると安心できます。
コンセントの交換を考えている際は、専門家の手に委ねるのが良いでしょう。
費用的な懸念がある場合は、この記事が役立つかもしれません。
電気配線の概観や見積もりを比較することで、費用節約の方法を探ることが可能です。

まとめ

本記事では、コンセントとプラグの違い、交換の手順と自己対応について解説しました。
コンセントが過熱している、あるいは亀裂が生じている場合、火事や他の問題を招く危険性があります。
本文中で提供される情報を参考に、交換が必要かどうか判断し、必要な場合はプロフェッショナルに依頼することを検討しましょう。
コンセントに関する疑問点や問題があるときは、この記事を参考材料として活用いただければと思います。

どうするこんなときTOP

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

ゴールデンウィーク紫外線

ゴールデンウィーク紫外線対策はこうしよう

ゴールデンウィークは毎年いい天気ですね^^なぜかこの時期は雨少ないですね。 そんな晴天でお出かけすると紫外線は大敵です。 紫外線と言えば夏と思いがちですが 春のこの時期は肌もまだ冬から夏へと切り替わる …

おむつケーキ

テレビでも絶賛されていた!ママ友の出産祝におすすめおむつケーキ

ママ友がこの度出産するんだけど このママ友とは長女の同級生で幼稚園でも役員とか一緒にしていたし クラスの仲の良い4人位で 定期的に年2回位飲みに行く程度の付き合い・・・・。 今度の出産では何もしないの …

大掃除

やりだすと止まらない!年末の大掃除やるからにはこんな所も掃除しよう

新年を気持ちよく迎えるためには年末の大掃除はしっかりとしておきたいところです。 普段はなかなか掃除しないようなところを中心に頑張って掃除してみませんか? こんな時くらいはしっかりと掃除して 自己満足を …

二段ベッド組み立て方

実際やってみた!二段ベッド導入と組み立て方

子供が二人いますが小さいうちは一緒に寝かすのに 部屋も狭いので2段ベッドを導入しようと考え購入しました。 二段ベッドはやはり大きなもので部屋ギリギリの中組み立てないといけないということでかなり難しかっ …

ネジ回らない

固いネジを緩めるための効果的な方法とコツ

「どうにもこうにも固くしまったネジが緩まない」「どっちに回せばネジが緩むのか!!」と困っていますか? 特に小さいネジの場合、どうすればいいか悩むこともあるでしょう。 ドライバーで力強く回すと、ネジの頭 …

サイト内検索

カテゴリー