どうする?こんなとき

季節の行事の疑問?普段何気ない疑問?色々と分からないことがたくさんあります。そんな疑問を少しでも解決^^ 参考になれば幸いです。

クリーニング

春のクリーニング衣替え何から出す?

投稿日:2017年3月16日 更新日:

スポンサーリンク

3月も彼岸を過ぎると温かくなってきますね。衣替えはもうちょっと先ですが
その時にいっぺんにクリーニングに出すとお金もかさ張ります。
賢い出し方で衣替えに臨みましょう。

 春のクリーニング衣替え何から 

 

4月に入っても寒い日はありますが あまり冬っぽいものを着ることもできません。
なので分厚いコートやダウンのアウターは先に出しても大丈夫です。
花見に行ったりするのであれば 1着残しておいてもいいですね。

あとセーターなどのニットも分厚いものはいくら寒くても着れません。
ニット系も出しておきましょう。

更に 白っぽいものは皮脂が酸化して黄色く変色することがあります。
こうなるとしみ抜きとかでお金が別にかかったりすることもあるので
白いもの優先で出すといいですね。

 春のクリーニング衣替え どこに出す? 

クリーニング屋さんも色々とあって

安くて早い
高くて遅い

こう分かれます。

安くて早いのは 流れ作業でどんどん洗って仕上げてという方式
1点あたりにかける時間も少なく 汚れなどは残ってしまうこともあります。

スポンサーリンク

高くて遅いのは 昔ながらのクリーニング屋さんで
じっくりと時間を掛けきれいにしていきます。

こう見ると
あまり汚れてなく 買った価格も安い服は 安くて早い方へ

結構汚れが目立ち 値段も張った服は高くて遅い方へ

という風にクリーニング屋を使い分けるといいですね。

安く買った服でも良く汚れているものはしっかりと洗ってくれるクリーニング屋さんに出す方がいいとも言えます。
安早に出してダメだったら しっかりに出すと二重にクリーニング料金を払わないといけないからです。

 春のクリーニング衣替え まとめ 

冬までまたしまっておく冬物衣類のクリーニングは 梅雨や夏を越さないといけません。
その間に黄変したりする可能性もあります。

大事な衣類はしっかりとしたクリーニングをしてもらって また冬に活躍してもらえるようにしましょう。
クリーニングから帰ってきた衣類は あなたの管理の仕方で着れなくなったりすることもあります。

衣類は湿気が天敵です。湿度の低い日などはクローゼットやタンスを開けて湿気抜きしましょう。
手をかけることが衣類を長持ちさせるコツです。

どうするこんなときTOP

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-クリーニング
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ゴワゴワニオイ

クリーニング返りのズボンがゴワゴワで臭うのはなぜ?

スポンサーリンク 2015も秋に入り衣替えもしないといけませんね 衣替えといえばクリーニング夏物は汗をたくさんかいてますから しっかりときれいにクリーニングしてもらいたいところです。 こんな経験はあり …

水性サインペンシミ抜き

水性サインペンが白いワイシャツに付いた!どうしたら・・・

スポンサーリンク 結構ありますよね サインペンのフタをするの忘れて そのままワイシャツの中に・・・。 こうなるとめちゃ目立ちます・・・。 でもどうしたら良いのか??  しみ抜き自分でやっちゃ …

衣替えクリーニング

春の衣替えクリーニングに何から出す?

スポンサーリンク 今年は早くから暖かくなりそうですね。冬はあの強力な寒波だけのような感じです。 早く暖かくなるなら衣替えも早いです。 冬の衣類はクリーニングに出しますが 何から出すのが賢いのでしょうか …

Tシャツ臭う

Tシャツ・ポロシャツが臭い・・・洗ってるのに・・の場合こうする

スポンサーリンク 去年着ていたTシャツやポロシャツが 汗をかくとなんだか雑巾のような臭いがする。 こんなの着ていたらきっと周りの人も気づいてるんじゃないか・・。 そんなこと気になってますよね。 ちゃん …

ワイシャツ 茶色くなる

ハイターで漂白したらワイシャツの衿が茶色くなる時の対処

スポンサーリンク ワイシャツの衿が黄色くなっていたのでハイターで漂白したら衿の中(芯?)が茶色くなってしまって それが透けて見える・・・。これでは着られない。 やっちまったぜ・・・。というあなた。それ …

サイト内検索

この24時間の人気記事