どうする?こんなとき

季節の行事の疑問?普段何気ない疑問?色々と分からないことがたくさんあります。そんな疑問を少しでも解決^^ 参考になれば幸いです。

写真

一眼レフカメラ撮り方講座で残る写真を

投稿日:2017年3月14日 更新日:

スポンサーリンク

春になるとカメラの出番ですね。スマホカメラもいいですがいっぱい撮っても使えるのは1・2枚なんてことは無いですか?
一眼レフカメラ持ってるけど 大きいし持っていくのもなんだか荷物になる・・・
それでは宝の持ち腐れです。

ここは一からカメラを学んで残る写真を撮っていきましょう。

特に桜なんかこれからの被写体にピッタリです。ちゃんと学べばプロみたいな桜の写真があなたにも撮れるんですから
やはり知識は大切です。
一眼レフカメラであれば構図やボカシを覚えればすぐにいい写真が撮れてしまいます。
知るってことはとってもすごいことですよ!

そんなプロが教える一眼レフの上手な使い方講座があるんですよ^^

今すぐ知りたい場合は一足先にこちらです。

 ⇒【カメラ3弾セット】3ステップで上手くなる!一眼レフ上達講座1~3弾セット 

プロと聞くと、何だか難しそうな印象ですが、ご安心ください。

これは、プロの技を見てすぐ使ってみよう、という とっても面白い企画です。

動画で解説しているので、見ながら同じように設定したり、カメラの撮り方を学べます。

カメラ上達

カメラの説明書って、見ても、すごく分かりにくいですよね・・・・。

なので、せっかく一眼レフを買っても、なかなか 説明書をじっくり読んでみる、というのは難しいと思います。
私がそうですから・・・たぶんこうだろうってやってしまいます・・・。

そもそも、専門用語も多いのが拒否反応の始まりですから。

絞り優先オート、とかISO感度とか。

「は?何を言っているの?」

と思ってしまうことばかりです。

ですから、何だかよくわからないまま、ずっとオート機能で 何となく撮っている、という状態になってしまいます。

そして、「じゃ、普通のカメラのほうが軽くて良いじゃん?」
みたいな発想になっていき・・・

そうなる前に!!

ぜひこれを見てみてください。

 ⇒3ステップで上手くなる!一眼レフ上達講座

あなたの今のお悩みが、スッキリ解決すると思います。

一眼レフは、とても高機能です。

スポンサーリンク

今あなたが撮っている写真よりも、数段ステキな写真が本当なら撮れるのです。

そのチャンスを、せっかくですから体験しませんか?

撮りたいものを、撮りたいように撮れる。

そんな感動を体験できる方法があります。

それが、冒頭でお伝えした、プロのカメラ講座です。

プロの写真家が教えてくれるのですが、驚くほどに初心者目線で解説してくれています。

よくぞ、ここまで初心者のために話してくれました!と感動するくらい、分かりやすいです。

カメラの設定方法も動画でアップにして解説しているので見て同じように設定できます。

その設定で撮ってみると・・・・。

あら不思議。

これまでとは全く別の、何だかすごく味のある写真が撮れてしまいます。

「一眼レフってこうやって使うんだ~!!」

という、まさに感動の瞬間です。

カメラ上達

これなら、どんなに機械オンチの方でも、分かりやすく学んでいただけるでしょう。

さらに、もっとすごいのは、教えてくれるのがプロなので撮れる写真が、「ただのうまい写真」ではないのです。

どこか感動的な、とてもステキな写真が撮れます。

旅行で大切な人と風景を、絶妙なバランスで撮れます。

可愛い我が子の成長を感動的に残せます。

これは、知っていれば一生モノの知識になると思います。

「使えない・・・」と諦める前に。

ぜひ、一眼レフカメラ講座で、あなたの写真を感動の一枚に変えてみませんか?

詳しくはこちら

 ⇒3ステップで上手くなる!一眼レフ上達講座

さらに、今だけですが「花の撮り方」と「カメラのお手入れ方法」が付録で付いてくるそうです。

ただし、このプレゼントは

3/15(水)19時までの
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
期間限定となっております。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

興味のある方はお急ぎください。

⇒(3ステップで上手くなる!一眼レフ上達講座

どうするこんなときTOP

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-写真
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

イルミネーション撮影

イルミネーションをコンデジ・スマホできれいに撮るには!

スポンサーリンク イルミネーションの季節ですね^^行ったら記念に画像に残しておきたいです。どうせ撮るならきれいに撮りたいですよね^^ 普通に撮ると目で見た感じではなく暗くなっていて 思ったより地味にな …

サイト内検索

この24時間の人気記事