どうする?こんなとき

季節の行事の疑問?普段何気ない疑問?色々と分からないことがたくさんあります。そんな疑問を少しでも解決^^ 参考になれば幸いです。

マナー

新入社員が使ってはいけない勘違いな言葉

投稿日:2017年4月3日 更新日:

スポンサーリンク

4月に入り今年から新社会人として大きく世の中に羽ばたこうとしているあなた、社会人になると言葉ってとても重要なものです。
今まではLineで済んだこともこれからは 相手企業の方を又はお客様を相手にしゃべって あなたの言葉で道を切り開いていかなくてはなりません。

そんな中言葉を知らないと、その意味を知らないと相手を不愉快にさせたり 契約が無くなったり
あなたの評価に大きく影響します。

今までこれでいいんだと思っていた言葉が実は失礼な言葉だったとか・・・知らないって恐ろしいことです。

ここで勘違いを修正してこれからの社会の中で生き抜いていってください。

 ご苦労様でした 

この言葉って 目上の者が目下の者にいう言葉です。
決してあなたの目上に当たる方に使ってはいけません。

この場合

お疲れ様でした。

と言います。
この言葉は身内で使う言葉で 取引先の関係の中では使いません。

 了解致しました 

この言葉これだけ聞いていれば丁寧に思えますが
これも目上の者が目下の者に使う言葉です。

承知いたしました。

と言います。

 取引先との間で自社の上司に敬語を使う 

話の中で自分の会社の上司であろうが社長であろうが 
相手先との話では 敬語は使いません。

スポンサーリンク

弊社の〇〇が・・・」と社長であっても呼び捨てでいいのです。
決して「弊社の〇〇社長様が・・・」などと言ってはいけないということです。

身内の者は取引先との間では敬語無しと覚えておきましょう。

 まとめ 

新入社員の時は言葉使いというものは 学生の時とは違ってかなり不慣れなものです。
知らないのですから当然なのですが ずっと知らないということでは許されません。

間違いは必ずあるのですから 一度間違ったことを指摘されたら次からは同じ間違いはしないという
意識で臨みましょう。

また、先輩、上司の方の言葉使いが生の教科書です。何気なく上司の言葉使いを聞いているのではなく
こういう場面ではこう言うのか、こう使うのか、など生の教科書がそばにあるのですから
しっかりと言い回し、使い方を覚えましょう。

ただし、見本となる上司の選び方に注意し 見習うべき上司の選定は大事です。
いつになっても言葉使いができない上司も存在します。

 この言葉使えば何とかなる 5選  

この5つの言葉さえ覚えておけば何とかなるというもの5つです。
これはしっかりと身に着けておきましょう。

  • お世話になっております
  • よろしくお願いいたします
  • お疲れさまです
  • お手数ですが
  • かしこまりました

この言葉は相手の方への気配りの言葉です。
いかに今対峙している方を大事に思っているかを伝える言葉です。
うまく使いましょう。

どうするこんなときTOP

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-マナー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

語彙力

あなたが語彙力ある感じで思われる言葉の使い方

スポンサーリンク 語彙力って最近話題になりますね。 言葉の使い方合っていますか? 目上に使う言葉と思っていても実は目下の者に使う言葉だったりして 知らず知らずに自分の評価を落としているかもしれません。 …

喪中はがき出し忘れ

喪中はがき出し忘れて寒中見舞いでそのこと伝えて大丈夫?

スポンサーリンク 喪中はがきを年末の慌しさから出す機会を失い正月を迎え 喪中だったことを伝えるために 寒中見舞いにその旨を書いて出してもいいものなのかどうなのか?? こういった場合かなり悩みますね・・ …

防災セット

新築祝いに防災セット贈っていいのかな?

スポンサーリンク 友人の新築祝いに何か贈ろうと思っているあなた 特に何も欲しいっものが無いと言われても 防災セットだけは贈らないようにしましょう。 防災セットであれば中々自分で買うようなものでも無いし …

喪中ハガキ

喪中はがきいつ出す?間柄のどこまでの誰が出す?分らないですか

スポンサーリンク 喪中はがきと言うものはめったに出出しません。でも親族が無くなった年には出さなければなりませんね。 そうなると どこまでの間柄の者が出すのか いつ出すのか これがまず最初にぶつかる疑問 …

ご苦労様とお疲れ様

お疲れ様 と ご苦労様の違いと使い方

スポンサーリンク 先輩に対して、後輩に対してまたは 取引先の方に対して 別れ際によく使うことば お疲れ様でした ご苦労様でした この二つの言葉の使い方がいまいちはっきり分らないと思っていました。 Li …

サイト内検索

この24時間の人気記事