どうする?こんなとき

季節の行事の疑問?普段何気ない疑問?色々と分からないことがたくさんあります。そんな疑問を少しでも解決^^ 参考になれば幸いです。

消防

消防操法練習方法 規律訓練からした方がいいのか?流れからした方がいいのか?

投稿日:

スポンサーリンク

消防操法練習始めていますか?
訓練のやり方で指導者は悩みます。
特に新人の方が選手になった場合しかも消防団に入ったばかりという場合は指導に悩みますよね。

規律からした方がいいのか 操法の全体の流れからした方がいいのか?
これって永遠の悩みみたいなものです。

 規律訓練からした場合の弊害 

規律訓練から始めた場合は

  • 基本の姿勢
  • 整列休め

まずはこの辺りから始めます。
新人さんの場合はこれらの基本的な動作はやはりうまくいかない場合が多いです。

基本の姿勢の場合
 

  • 服装
  • 目線
  • 重心
  • 指先
  • 足の角度
 

これらが注目ポイントです。

整列休めの姿勢の場合

  • 後手の指の握り具合
  • 左足の開く長さ
  • 視線

これらが注目ポイントです。

操法はほぼ「集まれ」までで勝負が決まります。
「集まれ」までを見るとその隊の出来不出来はほぼ分ります。
なので「集まれ」までの規律を重視して
そこばかりしていると

今度は操法全体の流れができなくなります。
訓練期間は決まっていますのでその間どれだけ規律訓練に時間を割くかが大きなポイントです。
それに規律訓練ばかりやっていると 選手が嫌気をさして訓練に身が入らなくなってきたりもよくあることです。

規律訓練はほんとに大事な部分ではあるのでしっかりと体得させてそれから流れに行く方が本当はいいのですが
選手の具合を見ながら訓練方法を修正したりした方がいいですね。

選手のメンタルは大きく結果に響きます。
嫌々している操法では上達しません。

 

 流れからした場合の弊害 

全体的な流れを先に覚えてもらってから規律を付けていくやり方の場合
この場合の弊害は

スポンサーリンク

規律ができなくなる

ということがあります。
とにかく流れを覚えてもらってしまわないといけないのですが
早く流れを覚えてもらうために規律は無視して繰り返し訓練をしていると
その癖が体にしみこんでしまいなかなか規律が付けれなくなってしまいます。

もう一旦体が覚えてしまったものは修正がしにくくなるものです。
指導者からするとほんと歯がゆい事態を招きます。
本人が流れを覚えて頭で考えなくても体が動くようになるまで規律のことなんか覚えることができません

その余裕が生まれるまで待って それから規律を付けていく方法でやっていくしかありません。
訓練期間中にどこから規律を付けて行ったらいいのかはその選手によりますから
これも難しいところです。

 

 結局どちらがいいのか 

どの方法がいいのかはその選手たちの個々の能力を鑑みて決めていくしかないと思われます。
そして選手個人の操法に対する考え方や姿勢がどうなのかも大きく影響します。

やってやろうと思ってするのと嫌々しているのでは上達にも大きく差が出ますし
今までの経験値でも大きく変わります。

過去に選手の経験があればある程度体に染みついていますから上達の度合いも違います。
新人の場合でも何年かの消防団の団歴があれば基本的な規律はできますから上達も早いでしょう。
ずぶの新人の場合はほんとに丁寧な指導が必要ですし メンタルな面のケアも必要です。 

新人さんの場合は上達スピードが遅く他の選手との差がおおきく開きます。
「自分のせいで訓練が進まない、迷惑をかけている」
などと思うのが普通でそれがプレッシャーになり上達を妨げる原因にもなりますから
特にずぶの新人さんへのメンタルケアは大事です。

理想としては規律訓練をして規律を身に付けたうえで流れに入るのがいいでしょう。
そのためには訓練期間も長くなり団員の負担も増えます。
長期間の訓練ともなると出動率も下がりますし そうなると選手をサポートする体制にも影響が出ます。
選手のやる気がそがれる事態も心配されます。

適切な期間で適切な訓練

これが一番なんですが こうしましょうという定まった方法はどこにも無いというのがほんとのところではないでしょうか。

人に合わせてやっていく

これしかないですね。

どうするこんなときTOP

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-消防
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

1番員タイム短縮

消防団操法1番員(ポンプ車)タイム縮めるにはここがポイント

スポンサーリンク 消防操法で勝つためには 規律だけでは勝てませんやはりタイムは重要です。 というより規律・タイム・ホースラインすべてがバランス良く相まって初めて勝てます。 そのためのまずはタイムについ …

消防 操法 練習方法

消防団ポンプ車操法ドア開ける時、後見て前見るのかのなぜ

スポンサーリンク ポンプ車操法で要員が乗り込み 操作始め! でドアを開けますが この時開けるときは後ろを 開ききるときは前方を見るようにしています。 こういったことのなぜそうするのか? という意味を知 …

第25回全国消防操法大会結果

第25回全国消防操法大会結果

スポンサーリンク 第25回全国消防操法大会結果です。出場された団員のみなさん関係する団の関係者の方々大変にお疲れ様でした。 スポンサーリンク  ポンプ車の部  優勝  島根県 松江 …

消防団規律訓練

消防団規律訓練の評価を上げるためにすること

スポンサーリンク 消防団では規律訓練というものがあります。 2年に1度操法大会がありない年に規律訓練を入れている団もあると思います。 私の団もこのような訓練があり各分団ごとに査察があります。 元々規律 …

タコマンホース巻き方

消防団員は必見!!操法ホースのタコマン巻き方

スポンサーリンク 消防の操法ももう訓練やってるところもありますね。 無駄な時間を亡くすために操法のホースを巻くのにタコマンを使っている団も多いです。  操法ホース タコマンの使い方別バージョ …

サイト内検索

この1週間の人気記事

カテゴリー