どうする?こんなとき

季節の行事の疑問?普段何気ない疑問?色々と分からないことがたくさんあります。そんな疑問を少しでも解決^^ 参考になれば幸いです。

クリーニング

汗抜きクリーニングとウェットクリーニングどう違うの

投稿日:2016年8月8日 更新日:

スポンサーリンク

夏場のクリーニング店にのぼりで

汗抜きクリーニング

とか

ウェットクリーニング

はたまた

Wクリーニング

なんていうのが目立ちますが それぞれどう違うのか調べてみました。

 クリーニングの種類 

クリーニングには簡単に分けると2種類に分けることができます。

ドライクリーニング水洗いです。

ドライクリーニングとは水で洗うと不具合の出る衣類を水で洗わずに 溶剤で洗うことを言います。
溶剤とはこれも大きく分け簡単に分かりやすく説明すると

 灯油で洗うものとシンナーで洗うもの

実際は似た成分ではありますが全くの灯油やシンナーではありません。あくまで分かりやすくです。

水で洗うと縮んだりするものは上記のような油のようなもので洗うと縮まないのです。

昔、ヨーロッパは王様がいた時代に王様の服にランプの油がかかり それがきれいになっていたことから
このドライクリーニングが始まったと言われています。

このドライクリーニングですが

良い点は

  • 皮脂などの油成分はきれいに取れる
  • 縮まない
  • しわがいかない

と、いいことずくめのように思えますが 欠点もあります。

それは

水汚れが落ちない

ということ。

水洗いについてはこれは家庭でも同じですね。

きれいになるのは水洗い。しかしウールやレーヨン、アセテート、シルクなどの水洗ができない衣類を水で洗うと

  • 型崩れ
  • 縮み
  • 色落ち

を起こすこともあります。

※中には同じ素材で水洗いできるものもあります。

水洗いではしわがいきますから しわを伸ばすのに手間がかかります。
これを避けるためにドライクリーニングでなんでも洗って早く安く渡すクリーニングスタイルも生まれました。

これをすると当然夏の汗をたくさん吸い込んだ衣類はドライクリーニングではきれいになりません。
皮脂は取れますが汗の汚れはほぼ取れません。

  汗抜きクリーニングとは  

これを解消するべく開発されたのが

汗抜きクリーニング   です。

では汗抜きクリーニングとはいったい・・・

スポンサーリンク

汗の成分って塩分がほとんど体から分泌されるアンモニアとかなんとかとか・・・少量の成分もありますが
多くは水と塩分です。
塩分が衣類に残っていると

  • ごわごわと固い
  • 空気が湿気ていると水分を塩分が吸って濡れたようになる
  • 元々汗の成分が残ってるので臭う

などの不具合が出ます。

この塩分をドライで洗って除去しようというのが

汗抜きクリーニングです。

ドライ溶剤に助剤の薬品を混ぜて塩分を吸着させます。
これでさわった感を柔らかくしてさっぱりしたかのようにします。

しかし、塩分は20%も取れればいい方なのです。
最近でこそ性能が向上しているようですが やはり取り切ることはできません。

 ウェットクリーニングとは 

そこで次には 本来水で洗えないものをほんとに水で洗ってしまうのが

ウェットクリーニング です。

これは水で洗うので汗が完全に水に溶けてきれいになります。
しかし水で洗うのでウールなどは縮みます。
これを防ぐためにシリコンなどを混ぜた薬品を水に溶かし縮みにくくして洗うのです。

この洗い方で洗う時は洗濯機を使うとやはり回しますから 縮みが起こりやすい。
なのでこの場合は1点のみでバケツで洗って ゆるい脱水をかけるのが良い洗い方です。
大手ではこのようなことはやらず ウェット専用の洗濯機を持っていますね。

ただし、本当に水で洗えない素材のものがありますからそこは専門家に任せましょう。

※レーヨン・アセテート・とりアセテートなどの表示が水洗バツのものは危険です。

 Wクリーニングとは 

Wクリーニングは ドライクリーニングウェットクリーニング両方をしてしまう洗い方です。

これであれば

ドライクリーニングで脂分を落としそのあとウェットクリーニングで汗の成分をきれいに洗い流す。
両方の強みを生かした一番きれいになる洗い方です。

この場合は手間がかかるので一般的にクリーニング料金は高くなります。
2回洗って しわのいった衣類を伸ばすのですからこれはかなりの手間暇がかかります。
しかし夏物に一番お勧めできる洗い方になりますね。

  まとめ 

夏物衣類は汗をかいてます。できるだけ水洗いできる素材の衣類を買うのが鉄則です。
そうでないものはちゃんとしたクリーニング屋さんでどう洗うかアドバイスを受け
正しく洗ってもらいましょう。

夏物でレーヨンなんてテレテレしてて肌触りはいいですが水で洗えないって夏物失格ですから・・・

買うときは洗濯のタグをよく見て買いましょう。

どうするこんなときTOP

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-クリーニング
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ワイシャツ 茶色くなる

ハイターで漂白したらワイシャツの衿が茶色くなる時の対処

スポンサーリンク ワイシャツの衿が黄色くなっていたのでハイターで漂白したら衿の中(芯?)が茶色くなってしまって それが透けて見える・・・。これでは着られない。 やっちまったぜ・・・。というあなた。それ …

良いクリーニング屋を見分ける

良いクリーニング屋を見分けるポイント

スポンサーリンク 良いクリーニング屋を見分けるにはどこに注目したらいいのか? 大事な服はしっかりしたクリーニング屋に出したいと思いますよね。 最近はそのように服の重要度に応じて出し分けている方が多いで …

春のクリーニング衣替え

春のクリーニング衣替え何から出す?

スポンサーリンク 3月も彼岸を過ぎると温かくなってきますね。衣替えはもうちょっと先ですが その時にいっぺんにクリーニングに出すとお金もかさ張ります。 賢い出し方で衣替えに臨みましょう。  春 …

梅雨入りする前に衣類

梅雨入りする前に衣類にしておきたいこと

スポンサーリンク 梅雨入りしそうですね。ここ最近の天気はとてもさわやかな日が続いていました。 梅雨に入ると空気が湿気てくるので衣類にとっては好ましくない季節です。 梅雨入りする前に衣類にしておいた方が …

黒カビ落とし

暖簾や柔道着の黒カビ落とし方forプロ

スポンサーリンク 黒カビってなかなか取れません・・・。これがのれんや柔道着だったらという場合。 これは洗濯のプロクリーニング屋さんへの落とし方です。 のれんであれば色柄物でも一応は大丈夫。 色の若干の …

サイト内検索

この24時間の人気記事