どうする?こんなとき

季節の行事の疑問?普段何気ない疑問?色々と分からないことがたくさんあります。そんな疑問を少しでも解決^^ 参考になれば幸いです。※本ページはアフィリエイト広告が含まれています。

交通

【見逃せない!】新幹線で最高に快適な座席、ベスト5を大公開!

投稿日:

新幹線の座席トップ5:おすすめの快適シート!

グリーン車

新幹線の中でも特に快適と評価されている座席を、ランキング形式でご紹介します。

第5位:北陸新幹線E7/W7系「普通車」
この座席は、1040mmの座席ピッチと、440mm(中央座席は460mm)の座席幅を誇ります。全席に電源コンセントが完備されており、リクライニング機能も備えているため、座面が後ろにスライドし、体をしっかり支えます。

第4位:N700系7000/8000番台「普通車指定席」
山陽・九州新幹線で利用できるこの座席は、1040mmのピッチと460mmの座席幅が特徴です。リクライニングすると座面の後部が下がる設計で、快適な支持を提供します。肘掛けは跳ね上げ式で、小さなお子様連れの家族にも適しています。

第3位:E5/H5系「グリーン車」
東北・北海道新幹線のグリーン車で、座席間隔は1160mm、座席幅は475mmです。枕、レッグレスト、読書灯、各種テーブル、荷物収納、ドリンクホルダー、荷物フックなど、豊富な設備が旅の快適さをさらに高めています。

第2位:700系7000番台「4人用普通個室」
山陽新幹線の「ひかりレールスター」に設置されたこの個室は、座席間隔が2080mmと広く、向かい合わせのリクライニングシートが配置されています。大型テーブルやテーブル上の照明もあり、プライベートな空間での旅行が楽しめます。

第1位:E7/W7系の「グランクラス」
北陸・上越新幹線のこのグランクラスは、座席幅が525mm、間隔が1300mmと広々としています。肘掛けの広さと高さが絶妙で、座り心地やテーブルの使いやすさも抜群です。

グリーン車

新幹線のグリーン車とは、一体どのような乗り心地を提供するのでしょうか?他の車両との違いを探りながら、詳しく見ていきましょう。

飛行機のファーストクラスに匹敵する快適さを誇る新幹線のグリーン車とグランクラス。今回は、特に快適とされる座席をランキング形式でご紹介します。

新幹線のグリーン車やグランクラスは、その豪華さで知られています。特にグランクラスは、標準的な2+3列の配置を広々とした1+2列に変更しており、特別な空間を提供しています。ただし、すべての新幹線で同じサービスが提供されているわけではないため、特に優れた座席に注目してみましょう。

九州新幹線のN700系7000/8000番台には、6号車に限り24席のグリーン席が設けられています。こちらの席は2+2列の配置で、他のN700系に比べて枕とレッグレストが付加されており、快適性が向上しています。

東海道・山陽新幹線のN700Sのグリーン車は、「ゆとりある空間と個別の演出」をコンセプトに設計されており、座面が6cm沈むことで体が滑りにくく、長時間の乗車でも疲れにくいです。座席幅は480mm、間隔は1160mmで、リクライニング角度は129度となっていますが、もう少し角度があれば仮眠にも適しているでしょう。

東北・北海道新幹線のE5系/H5系では、9号車に設置されたグリーン車が2+2列で提供されており、座席幅475mm、間隔1160mm、リクライニング角度は131度です。装備されている背面テーブル、肘掛け内テーブル、枕、コンセント、レッグレスト、読書灯などが快適な旅行をサポートします。

スポンサーリンク

北陸新幹線のE7/W7系のグリーン車は、11号車に設置され、2+2列の配置で座席幅475mm、間隔1160mm、リクライニング角度137度となっています。こちらの車両では、肘掛けに質感の良い木材が使用されていますが、肘掛け内テーブルの廃止が異なる点です。

グランクラスに関しては、東北・北海道新幹線のE5・H5系と北陸新幹線のE7/W7系があり、どちらも1+2列の座席配置です。これらの座席は、座席幅や間隔、リクライニング角度に大差はなく、どちらも高い快適性を提供していますが、E7/W7系は特に肘掛けの広さやテーブルの使いやすさで優れています。

まとめ

新幹線の高級車両は、旅の贅沢な時間を提供します。昔の100系の1人用グリーン個室の快適さが語り継がれる今、JR東海が新しい完全個室タイプの座席を導入する予定で、これが新幹線の設備として最高峰になることが期待されています。

どうするこんなときTOP

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-交通
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

盆 渋滞

【速報!2024年お盆】新東名・中央道の渋滞ピークを予測!避けるべき最悪の時間帯はこれだ!

【2024年】お盆期間の高速道路渋滞予測!新東名・中央道の混雑状況にご注意を! 2024年夏、子供たちの夏休みや社会人のお盆休みに合わせた高速道路および一般道の渋滞情報をご提供します。東京や大阪から名 …

飛行機の暇つぶし

飛行機での暇つぶし何がある?6選

飛行機での移動は結構時間が掛かります。 その間どうやって暇つぶししたらいいのか? こんなことで移動時間の暇をつぶしてみてはいかがでしょうか? 読書:本を読んで時間を過ごすのは、長時間のフライトに最適で …

暖冬 スタッドレス

それ!間違いだよ!!暖冬だからスタッドレスタイヤ買わなくても大丈夫?

暖冬で雪がなかなか降らない、積もらない。 だからスタッドレスタイヤ必要性が無いから買わなくてもいいかも^^ 買おうか買うまいか?? 悩んでいるあなた、 住んでる地域にもよりますが そんな悩みがあるとい …

チェーン規制

スタッドレスだけじゃダメ?」冬のドライブ前に知っておきたい、タイヤチェーンの意外な真実!

スタッドレスタイヤだけでは不十分な場合も!タイヤチェーンの必要性 高速道路や大雪が予想される時に適用されるチェーン規制をご存知でしょうか? 「スタッドレスタイヤを装着しているから大丈夫」と思っていませ …

雪の高速道路

雪道の高速道路(自動車専用道路)の走り方

高速道路はスタッドレスタイヤを履いていても気をつけないといけません。 雪がとけだすと スタッドレスタイヤでもかなり危ない。 これがノーマルタイヤだともう全く走れません。 そういう時は高速入口のところで …

サイト内検索

人気記事

カテゴリー