閉じる
  1. PTA次期役員は決まりましたか?
  2. 土屋鞄ランドセル売り切れ 予約するには
  3. 地震・台風で停電が起きたときの冷蔵庫対策
  4. ホンビノス貝の通販お取り寄せ
  5. 毛ガニ厚岸浜中町おすすめ通販
  6. 四季島の値段は?運行日?いつから予約できる?
  7. 天橋立の丹鉄くろまつ号グルメ列車でプチ贅沢
  8. AZR60ノアのキー電池交換型式
  9. 喉に詰まらせた時の応急処置はこうしよう
  10. 喪中はがき出し忘れて寒中見舞いでそのこと伝えて大丈夫?
閉じる
閉じる
  1. 滋賀 こどもの国遊びに行った感想口コミ また行きたいリスト入り
  2. 舞鶴市民プール(舞鶴文化公園プール)やってる?行った感想
  3. サカモトハウス バランスチェアが子供に良い姿勢をもたらす
  4. 真つぶ貝の販売してるところを東京で探すなら通販が早い
  5. お盆 旅行 穴場 関西のおすすめは「海の京都」
  6. 山田町ジャブジャブプールの紹介。小さなお子様に最適のプール。
  7. 深部体温 下げるにはアイススラリーが効く 別の方法も
  8. 西宮津公園プール行った感想
  9. 小さな旅館やホテル経営の方朗報 通訳機器のおすすめ
  10. 石川県の「いしる」と「こんかいわし」「フグの子へしこ」通販するならどこ…
閉じる

どうする?こんなとき

地元だから分る丹後魚っ知館の見どころ

スポンサーリンク

京都北部丹後にある小さな水族館です。
この水族館は関西電力が運営していまして元々ここは
エネルギー研究所と言う名の発電所でした。
そのPRとして併設された水族館だったのです。

その当時は無料で見ることができましたが今では有料になってしまっています。
有料と言ってもその料金は

300円(高校生以上)
150円(小中学生)

と言うとってもリーズナブルな水族館です。
小さいのは小さいですが

大水槽にはたくさんの魚が泳ぎ周りには小水槽で色々なこの辺りの海の魚を展示しています。

水族館ゾーンは有料ですが
外にある

ペンギンとアザラシのプール
魚っ知館
タッチングプール
魚っ知館
遊具
魚っ知館の見どころ
ここは無料で遊ぶことができます。

また、屋内にある展示ブースも無料で入れます。

レストランと言うには大袈裟かもしれませんが軽食を食べられるところもあります。

 魚っ知館 水族館ブースの見どころ 

水族館での見どころは

ガラ・ルファのドクターフィッシュコーナー
 水槽に手をつけるとたくさん寄ってきます。
魚っち館
 くすぐったいですがこれは他所ならお金払ってするようなことです。
 無料でできますのでぜひ体験してみてください。

そして何よりは 人が少ないところです。
連休や盆正月などはやはり多いですが ゆったりと見れるので心ゆくまで魚を楽しめますよ。
魚っち館魚っち館

またチケットはその日なら何回でも出入りできます。

 小さなお子様に人気のもの 

小さなお子様と行ったならこれはお勧めです。
と言ってもそんな大したものではありませんが・・・。
それは

  • ぬり絵
  • 魚っち館

  • 工作
  • 魚っち館

  • 折り紙
  • 魚っち館

これは結構喜びますよ。

ハガキくらいの大きさに塗るので小さな子でもできます。
月に一度変わるのでうちは月一で行っていますね。
工作も工作というほどの物でもありません。
折り紙で物がすでに作ってありそれを紙に貼って
色鉛筆で絵をかくくらいのものです。
折り紙も小さな子でも折れるのが順番にこうするんだよっていう見本があるので折れます。
魚っち館

スポンサーリンク

これは軽食コーナーの奥の展示コーナーにあります。
そこにはこれも幼児向けですが 輪投げや紙パック魚釣り、ブロックなんかが置いてあるのでこれも喜びます。
魚っち館魚っち館
魚っち館

 魚っ知館のバックヤード見学 

時々あるのですがバックヤード見学というのがあります。
これは申し込まないといけませんがやっていたらラッキーです。

私も行ったことないのでこれはどうなってるのか説明はできませんがあなたがそのチャンスがあったら
行って見てください。

 魚っ知館のイベント 

これも時々なのですが関西電力のPRの時があります。
これがあると子供は
工作がいくつもあって喜びます。
そして景品がもらえたりして この日にあたるととてもラッキーです。

大概IHの宣伝とかエネファームとかそんなもの勧められて
住所とか書かなくてはなりませんが その後何か攻勢があるとかはないです。
(うちはその気がないのでそうだったのか分りませんが 売れそうな人には攻勢がかかるかもしれません)

 魚っ知館 タッチングプール 

タッチングプールは海水で海の魚が泳いでいます。
魚っち館
メジナ(グレ)
スズメダイ
ヒトデ

くらいがいます。
ガチャコロでエサが売ってあるのでそれを買ってやっても面白いです。
魚っ知館の見どころ
わーって集まってきますよ^^

夏場はこのプールに入ることもできます。
小さいお子さんは水着を用意してくるといいですね。

魚と一緒の海水プールなんてめったにないですから子供は
魚を追いかけたりしながら喜んでいます。
水深も深くはなく 大人の股下くらいの深さです。

でも

浮輪足ヒレ、網などの持ち込みは禁止です。

 魚っ知館 まとめ 

京都の小さな水族館 「魚っ知館」は小さな子供が楽しむのももちろんですが
空いているので大人もゆったり見ることができます。
都会の大きな水族館は 人の流れに乗って歩いているだけですが
ここはじっくり見れます。
ソファもあり座って見れますし ほんと少ない時はうちの子は寝転がって見てます。

1日ここで過ごすことは無理と思いますが それなりに楽しめますよ。

 魚っ知館から橋立方面宮津に行くならこのコースおすすめ 

ここから宮津方面に行くのなら 「越浜」(おっぱま)に寄ってみてはいかがでしょうか。
この砂浜は砂が荒く大きいです。
越浜越浜
夏には泳げますが すぐ深くなっているので小さな子供には向いていません
しかしここ川が流れ込んでいなく砂が荒いので水の透明度は抜群です。

ここに寄って帰るときは戻らずに この浜の先の道から宮津に抜けてみてください。
道はかなり狭くすれ違いはできないところとかありますので
無理にはお勧めしません。

でもこの道には シークレットなビーチがあって(今となってはシークレットになってないかも・・)
夏にはプライベートビーチみたいになるときもあります。

そして道を抜けると田井という地区に出ます。
ここはちょうどロイヤルホテルの下になるのですが この道を通って宮津に行くと
右手に天橋立を見ながらいい景色を見て宮津まで行けます。
時間はかかりますが せっかくの観光です。
きれいな景色はいかがですか?

どうするこんなときTOP

スポンサーリンク

関連記事

  1. 京都の新生活クロスバイクという自転車で走り回れ!

  2. 嵐山花灯路 穴場駐車場

    嵐山花灯路2017駐車場穴場おすすめ 

  3. 京都の節分

    京都の節分おすすめのお寺や神社はここです。

  4. 五山送り火穴場

    五山送り火 穴場スポットでしんみり見るためにはどこ行けば?

  5. 京都市動物園

    京都市動物園完全リニューアルオープン行ってみた感想

  6. 魚っち館

    京都の「魚っち館」というロコ水族館のみどころ

おすすめ記事

  1. 滋賀 こどもの国遊びに行った感想口コミ また行きたいリスト入り
  2. 舞鶴市民プール(舞鶴文化公園プール)やってる?行った感想
  3. サカモトハウス バランスチェアが子供に良い姿勢をもたらす
  4. 真つぶ貝の販売してるところを東京で探すなら通販が早い
  5. お盆 旅行 穴場 関西のおすすめは「海の京都」

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 秋彼岸
    「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉があるように季節を分けるのがこの彼岸です。彼岸とはいつのことを指…
  2. ジブリの滝
    ジブリの滝として脚光を浴びている千葉県の「濃溝の滝」は一度は行って実際に自分の目で見たいものですね。…
  3. 喉詰まらせ
    喉に詰まらせた時は一刻も早く詰まったものを取り出す必要があります。窒息してしまうからですね。…
  4. イチゴで作るデザート
    いちご ひな人形の作り方ひな祭りでちょっと変わったもの作って子供に喜んでもらおうと思って…
  5. 4歳子供自転車16インチ
    4歳の3女がそろそろ自転車を欲しいと 三輪車に乗ってアピール。今まで買ってあげた三輪車にそれほど…
  6. 山梨のバルサミコ酢が話題ですね。青空レストランで紹介されて今までなじみのなかったバルサミコ酢をち…
  7. コンパクトなテーブルセット
    コンパクトなテーブルセットが便利です。春になるとアウトドアが恋しくなります。そんなに本格…
  8. スキージャム勝山
    冬になるとスキーは行っておきたいですね^^特に小さな子供のあるお家は 子供が普段目にしない雪を見ると…
  9. ノアAZR60のプラスチック部分が白くなっていて前から気になっていました。でもこれ直ります。…
  10. 舞鶴海軍ゆかりの港めぐり遊覧船
    舞鶴は海軍ゆかりの地です。今は海上自衛隊の基地となっています。この舞鶴の基地には日本海を守る要の…
ページ上部へ戻る