どうする?こんなとき

季節の行事の疑問?普段何気ない疑問?色々と分からないことがたくさんあります。そんな疑問を少しでも解決^^ 参考になれば幸いです。※本ページはアフィリエイト広告が含まれています。

十三参り

十三参りの意味って

投稿日:

毎年旧暦の3月13日、つまり現代のグレゴリオ暦では3月13日から5月13日の間に、13歳になる少年少女が集まる通過儀礼で「知恵詣」、または「知恵もらい」と呼ばれる伝統的な成長の儀式が行われます。
特に京都をはじめとする関西地方で重んじられているこの行事は、最近では全国的に広がりを見せています。
ここでは、この習慣とその起源について説明します。

十三詣りは、何をするの?

十三参りとは

十三参りは、特定の日に神様に拝むことで、成長と健康を願う伝統的な儀式です。
日本の「数え年」制度に基づき、13歳は一つの干支の周期が終わり、新たな周期が始まる「厄年」の始まりとされています。
この年齢での祝いは、これまでの成長を祝福し、これからの健康と長寿を願う意味を持っています。
過去には、この時期は成人への第一歩とされ、成人式と同様の意味合いを持っていました。
「十三参り」という名前が示すように、この儀式は知恵と福徳を授ける神様に敬意を表し、大人として必要な知識と智慧を身につけることを目的としています。
そのため、春休みを利用して多くの家族が神様が祀られている寺院に参拝します。

スポンサーリンク

十三詣りは、何をするの?

十三参りの起源

この儀式の起源は複数あるものの、特に平安時代初期に清和天皇が13歳で法輪寺で成人の儀式を執り行ったという話が有名です。この伝統は続き、今では京都を中心に全国に広がっています。

参加する男の子は羽織袴を、女の子は振袖を着用し、特に女の子にとっては大人の服を初めて着る特別な瞬間となります。現代では、和装だけでなく洋装で参加する人も増えています。参加者は、自分が選んだ漢字一文字を書いたものを奉納し、祈祷を受けた後、振り返らずに前に進むことで、受け取った知恵を大切にする意志を示します。

どうするこんなときTOP

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-十三参り
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

十三参り

知らないと恥ずかしい!十三参り何月にどこに行く?着物は何着るの?

十三参りは七五三ほどメジャーではありませんが 子供の成長を祝う大事な習わしです。 七五三は秋というイメージがありますが十三参りはいったいいつ行けばいいのでしょうか? 十三参りの月はいつ 4月の13日が …

サイト内検索

カテゴリー