どうする?こんなとき

季節の行事の疑問?普段何気ない疑問?色々と分からないことがたくさんあります。そんな疑問を少しでも解決^^ 参考になれば幸いです。※本ページはアフィリエイト広告が含まれています。

挨拶

プレゼントに対する感謝の返答全ガイド:メールやLINEでも使える返答例を紹介!

投稿日:2023年12月11日 更新日:

プレゼントを贈った後に受け取った感謝のメールへの返事に困っているなら、具体的な回答例をここで提案します。

友人への回答 「全然!楽しんでもらえたなら幸せです!」
上司や先輩への回答 「感謝の意を表したかったので、受け取っていただけたら嬉しいです。
部下や後輩への回答 「どういたしまして!わざわざメールで感謝の意を示してくれてありがとう」
外部の方やクライアントへの回答 「ただの感謝の印だったので、もし迷惑をかけてしまったなら申し訳ありません。しかし、喜んでいただけていたらそれが一番です。」

こういった場合、感謝の表現やその返答は、「実践する」ことが重要で、「どのように実践するか」はそれほど重要ではないです。
返答に困った場合は、この記事で紹介した内容を参考にして、「プレゼントを贈った後の感謝のメールへの適切なお礼」について参照してみてください。
さらに、
プレゼントを受け取った後の「ありがとう」の正しい返答は?
上司や先輩への感謝のメールで気をつけるべきことは?
などのテーマもまとめました。
プレゼントを贈った後の感謝のメールへの適切な回答について興味がある方には参考になるはずなので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

感謝のメールやLINEなどのメッセージへの返信において、すすめたい基本的なアプローチがあるのをご存じですか?
その3つをお伝えします。
1.返答は心から出るものであること
2.返信は速めに行うこと
3.メールの件名はそのままにすること

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

感謝の返事

  • 返答は心から出るものであること 感謝のメッセージには、相手の思いやりや感謝の気持ちが込められています。そんな相手に対しては真心で答えてあげましょう。
    返答の言葉は相手との関係性によりますが、相手の感謝と思いやりに対する自身の積極的な感情を表現することが大切です。
  • 返信は速めに行うこと 感謝の言葉が入ったメッセージに対しては、早めに返答を心掛けてみると良いでしょう。
    一方で相手からのメッセージに対する返答が遅いと、「伝えた感謝がちゃんと伝わったのか?」と心配されることもあるかもしれません。
    そういった点も考慮に入れて、可能な限り迅速に返事を行うことをおすすめします。
  • メールの件名はそのままにすること 基本的には、お礼のメールとその返答のやり取りにおいては、メールの件名をそのままにすることがベストです。
    これは、「感謝のメールへの返信です」と相手がすぐに理解できるようにするためです。

それでは、この3つのポイントを活かして、具体的な返答内容を考えてみましょう。 対象は以下の通りとします:
友達、上司、部下、お客様 それぞれの例を以下に示します。

友達

「いえいえ、喜んでくれてよかったよ!」 自分と親しい友人には、自分自身ならどう返答するかを参考にすれば良いでしょう。

上司

「私のことを気にかけて下さって、感謝いたします。」 敬意を示しつつ、上司との関係性に照らして、適切な言葉を選んでみましょう。

部下

「いえいえ、メールくれてありがとうね!」 部下との関係性でも恐縮させないように、感謝の気持ちを率直に表現します。

お客様

「それほどのことではありませんが、感謝の意を示してくれたこと、非常に嬉しいです。」 お客様や外部の方々に対しては、自分の感謝の気持ちと負担を少しでも少なくしてくれたことへのお礼を伝えるための文章になります。

以上が例ですが、最も大切なのは、誠意を持って相手の気遣いや感謝に対する自分のポジティブな感情をうまく表現すること、この原則を心に刻んで文章を書いてみてください。
こういった気持ちが伝われば、相手も喜んでくれるはずです。

食べ物のお土産を受け取った際の感謝のメール

対象: 友人、上司、部下、顧客など 友人宛
「ありがとう、お土産!すごく嬉しくて、さっき食べてみたらめちゃくちゃ美味しかったよ!次また行くときはお店の場所を教えてね!」 相手に対する感謝と、お土産の感想を素直に伝えてみましょう。

上司宛

「感謝の気持ちでいっぱいです、お土産をいただきありがとうございました。実は以前から食べてみたかったんですよ。そのお味、思った以上に美味しくて、感激しました!次に機会がありましたら、私も是非手に入れてみたいと思いました。〇〇様の優しさをいつも感じています。これからもご教示いただけると幸甚です。」
友人への感謝の表現と同じく、食べ物の感想と感謝の気持ちを伝えます。ただし、言葉遣いを敬語や丁寧語に変えて、敬意を持って応えます。

スポンサーリンク

部下宛

「お土産を買ってきてくれてありがとう!さっそく食べてみたんだけど、やっぱり君のセンスは素晴らしいね!本当に美味しかったよ。いつも君のセンスを見習っていかなくちゃと思ってるんだ。次回は選び方のコツを教えてよ!」
後輩へのメッセージでも、感謝の気持ちとお土産についての「すばらしい」感じを伝えるようにしましょう。
部下へのメッセージなので、少し親しみを込めて、お土産のことを褒めてみてください。

顧客など宛

「お土産をいただきまして、本当に感謝しています。それに、先程いただいたものを食べてみましたが、初めての味で驚いた上に、味も素晴らしく感動しました。本当にありがとうございます。」
相手との間柄により、敬語や丁寧語などを使い分けて、食べ物の感想やお気遣いに対する感謝の気持ちを表現してみましょう。

食べ物以外のお土産を受け取った際の感謝のメール

対象: 友人、上司、部下、顧客など 友人宛
「ありがとう、お土産!お~これ、僕のセンスを理解してるね!大切に使うよ。」

上司宛

「お土産をいただき、本当に感謝しております。これを私にまで用意していただけるなど、思いがけず感謝の気持ちでいっぱいです。それでいて、デザインも素晴らしいマグカップで、これなら長く使い続けることができそうです。引き続き、よろしくお願いします。」

部下宛

「お土産、それを考えてくれて、ありがとう!君の選んだマグカップ、本当に素敵だよ!それを見て、やっぱり君のセンスはすごいな、と思ったよ。これからもそんな君から学びたいと思ってるよ!」

顧客など宛

「お土産を頂戴しまして、大変恐縮です。また、私へのお心遣いに感謝の意を表します。素晴らしいマグカップを頂けるとは思っても見ませんでした。私にとって、あなたのセンスは学ぶべきものだな、と思います。感謝の気持ちでいっぱいです。」

食べ物のときと同じく、感想を伝えつつ、君が選んだことや商品そのものについて何か褒めるポイントを含めましょう。 どちらの場合も「感謝」と「評価」がキーポイントです。

感謝の返事

上司や先輩に感謝のメールを書く際の注意点は?

上司や先輩に対して「どういたしまして」と言うのは避けたほうが良いので、その点を考慮した上司へのメールの書き方の基本を紹介します。
・ 文章は短くまとめる
・ 感謝の気持ちを伝え過ぎない
・ なだめすかすような表現を避ける
・ 礼儀を欠かない文体を用いる
・ 型どおりの礼状を避ける

礼儀知らずな印象を与えない このように、一般的な社交辞令とは異なり、自然な表現を心掛けることが重要です。
適度に事務的で、かつフレンドリーすぎないメールが理想的です。そのメールには、
・ 常日頃から支えられていることへの感謝
・ プレゼントをいただいてうれしかった感想
・ プレゼントについての直接的な感想
・ 重ねての感謝

これからもよろしくお願いしますというメッセージ これらを盛り込むことがマナーです。
「どういたしまして」の代替えとして、「お気に召していただいて良かったです。行き届かなかったところがあるかもしれませんが、その点はご容赦願えばと思います。」といった上品な表現を使いましょう。
また、お礼が遅くなった場合の対処法についても語らせていただきます。勇気を持って正面から取り組むことが良い結果を生むことが多いです。

お礼が遅れてしまったことについては触れずに対処する
思い切って謝罪をする
一度やってしまったことには戻れないため、思い切って謝罪しましょう。
謝罪だけでなく、可能ならば一緒に返礼品をお送りすると心遣いが伝わります。
お礼が遅れてしまったことについては触れずに対処する「いつもお世話になっています」という主旨で、受け取ったプレゼントに対する感謝の気持ちを伴った返礼を送るという方法です。
お返しと日頃の感謝を自然に伝えることができます。ただし、相手が遅れたお礼に気づいていないか、あるいは気にしていないかどうかを見極めるようにしましょう。
いずれの場合でも、プレゼントを受け取ったらすぐにお礼を伝えることが最善の対応方法です。忘れずに行いましょう。

どうするこんなときTOP

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-挨拶
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

関連記事はありませんでした

サイト内検索

カテゴリー